軽量鉄骨下地組・ボード・クロス・床・二重床等内装工事を主体にする内装仕上工事業。札幌・旭川・東京

事業内容

  • HOME »
  • 事業内容

内装仕上げ工事業

一般建築物の内装仕上げ工事とは、コンクリートがむき出しのスケルトン状態から、床・壁・天井のボードまでを施工する仕事です。軽量鉄骨材料を使って壁の下地を組み、そこの石膏ボードを隙間なく張り付けたり、天井のコンクリート(スラブ)から天井の下地を組み、同じく石膏ボードや吸音板などを張るのが主な仕事になります。
私たちはどこにも負けない技術力で、精度の高い仕事を納期内に、安全に仕上げられる自信があります。

内装仕上げ工事は奥が深い

最近の一般建築物の壁は、スタッドと呼ばれる金属材料で下地を組み、そこに石膏ボードを貼り付けます。また石膏ボード間には防音材であるグラスウールを挟みこんで防音性能を高めたり、火災の際の延焼を防ぐための仕掛けがあったりと、非常に凝った構造となっています。また、石膏ボードを歪みなく隙間なく施工するには、下地の精度も求められますので、技能を必要とする仕事でもあります。

天井工事

天井裏には思っている以上に配線や配管が通っています。日本の一般建築物の天井のほとんどは吊り天井となっていて、配線や配管の上にあるコンクリートの躯体から吊りボルトという1m前後もあるボルトを吊り下げそこに壁と同じく下地を組み、ボードで仕上げます。これも目地をまっすぐに仕上げる為には高い技術が必要です。また、天井ボードにもいろんな種類があり、ボードの種類によって音を響かせるか吸収するかなど、その部屋の性能に大きく影響します。

独自の取り組み

北海道でベトナム人技能実習生を採用したのは当社が初めてです。
若手人材不足を鑑み、積極的に新しいことに取り組むという会社方針のもと、ベトナム人の技能実習生を採用しました。

言葉の壁や文化の違いという苦労はありますが、彼らは非常にまじめに一生懸命仕事するので、彼らを採用して本当に良かったと思っています。

PAGETOP
Copyright © 株式会社奥山内装店 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.